個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case220

事情

I様は、10年ほど前から、クレジットカードによる馬券の購入を行うようになり、債務が増えていきました。実家暮らしで支出を抑えられていたこともあり、何とか返済を続けていましたが、情報商材
や物品購入もクレジットカードで決済し、返済費をカードローンの借入れで賄う状況となり、毎月の返済額が困難な金額となったため、債務整理のご相談に来られました。

東京都在住case219

事情

H様は、過去にうつ病で2年間会社を休職していた時期があり、傷病手当の受給のみでは、生活費が不足したため、クレジットカードで生活費を補填するようになり、債務が増大していきました。職場復帰後もゲームの課金等で借入れが増え、次第に自転車操業状態になっていきました。そのため、当事務所にご相談に来られました。

静岡県在住case217

事情

F様は、子の海外留学費用や現地滞在費等を捻出するために借入れやカード利用を始めました。その後、定年退職をし、年金を受給しつつ、アルバイトをしながら返済をしていましたが、年金やアルバイト給与だけでは、生活費のほか、返済原資を捻出することができず、次第に返済が困難になりました。

神奈川県在住case216

事情

E様は、ギャンブル資金、自宅のリフォーム等改修に関する費用に多く支出をするようになり、借入れやカード利用が増えました。また、友人等と飲食をする機会が多くあり、多額の飲食費をカード払いするようになり、さらに債務が増加しました。

東京都在住case215

事情

D様は、前勤務先で同僚等と頻繁にパチンコや競馬などのギャンブルをするようになり、その資金を捻出するため、借入れやカード利用が増加しました。また、転職後、営業職という性質上、取引先等に対する接待が多くなり、接待交際費を賄うため、さらにカード利用が増えました。そして、次第に返済が困難となりました。

埼玉県在住case213

事情

B様は、仕事上の接待交際費を賄うため借入れを始め、その後、趣味の買い物等に散財してカード利用を増やしてしまい、返済が困難になりました。

千葉県在住case211

事情

Z様は、住宅購入後、子らの教育費を捻出するため、学資保険を利用するほか、複数の債権者から借入れをしました。その後、収入の範囲では返済が困難となり、まずは任意整理での解決を試みましたが、減給され転職することとなったため、任意整理での解決が困難となり、やむなく個人再生に方針を変更しました。

東京都在住case210

事情

Y様は、事業をしていた父や、病気療養をしていた母に対する援助をする必要があったことから、借入れを始めました。父他界の際、多額の負債を相続し、さらに借入れが増加しました。その後、何とか返済を継続していましたが、返済のために借入れをしなければならない悪循環に陥っていたため、相談に来られました。

東京都在住case206

事情

U様は、転職をしようと退職しましたが、その後約1年近く転職先が決まらなかったため、その間の生活費を賄うため、借入れを始めました。また、転職先が決まった際、遠方への転居が必要であったことから、転居費用を捻出するため、さらに借入れが増え増した。そして、徐々に返済が困難になりました。

東京都在住case205

事情

T様は、営業職という仕事上、接待交際費を多く支出し、会社の経費扱いとならなかったため、自分のカードを利用するようになりました。また、趣味の費用にも支出を継続し、さらにカード利用を増やすようになりました。こうして、債務が増大し、徐々に返済が困難になりました。