個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

神奈川県在住case253

事情

P様は、住宅購入時、新居の家財道具購入のためクレジットカードの利用を始めました。その後、子育てのため、妻が働けなくなり、家計の収入が減少したことから、借入れをするようになりました。しかし、家計の節約を実施することはできず、借入れやカード利用は増加の一途をたどり、次第に返済が困難となりました。

神奈川県在住case251

事情

N様は、住宅購入後に転職をし、収入が減少したことから、借入れを始めました。その後、教育費や仕事上の接待交際費の支出の負担が増え、借入れやカード利用が増えました。住宅ローンの返済が困難になったため、リースバック制度により、住宅を売却して、賃借をするようにもなりました。しかし、その他の債務の返済が困難となり、相談に来られました。

埼玉県在住case240

事情

C様は、長年勤務していた会社を退職後、妻の給与と退職金を切り崩して生活をしていましたが、退職金がなくなった後、生活費の補填のために多額の借入れを開始しました。その後、再就職をして返済を開始しましたが、体調不良だったこともあり、返済が困難となったため、当事務所にご相談に来られました。

愛知県在住case239

事情

B様は、不動産会社に転職後、給与額の変動が多い歩合制となったため、給与が少ない月の生活費の補填を目的として、借入れを開始しました。また、ギャンブルに多額の投資をしたことも重なり、住宅ローンを含む借入れの返済をすると、生活費が残らない状況となりました。そのため、債務整理のご相談に来られました。

東京都在住case235

事情

X様は、元夫との離婚手続が長期化し、その間、十分な婚姻費用を受け取ることができず、子の教育費を捻出するため、借入れを始めました。また、勤務先が倒産するなど、職を転々としたため、収入が安定せず、生活費や返済原資を捻出するため、さらに借入れが増加しました。

東京都在住case225

事情

N様は、共働きの奥様が出産・育児を機に会社を退職し、家計全体の収入が減少した後、生活水準を下げることができず、借入れを開始しました。その後、子が私立の小学校に進学して教育費が嵩んだため、借入額が増えていきました。また、S様が体調不良で会社を長期間休職したことも重なり、次第に自転車操業の状態になっていったため、当事務所にご相談に来られました。

東京都在住case219

事情

H様は、過去にうつ病で2年間会社を休職していた時期があり、傷病手当の受給のみでは、生活費が不足したため、クレジットカードで生活費を補填するようになり、債務が増大していきました。職場復帰後もゲームの課金等で借入れが増え、次第に自転車操業状態になっていきました。そのため、当事務所にご相談に来られました。

東京都在住case214

事情

C様は、勤務先からの歩合給が安定せず、給与が少なかった際の生活費の補填として借入れを始めました。その後、住宅を購入しましたが、収入が不安定なことに変わりがなく、生活費や返済原資を捻出するために借入れやカード利用を繰り返さざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

千葉県在住case211

事情

Z様は、住宅購入後、子らの教育費を捻出するため、学資保険を利用するほか、複数の債権者から借入れをしました。その後、収入の範囲では返済が困難となり、まずは任意整理での解決を試みましたが、減給され転職することとなったため、任意整理での解決が困難となり、やむなく個人再生に方針を変更しました。

東京都在住case206

事情

U様は、転職をしようと退職しましたが、その後約1年近く転職先が決まらなかったため、その間の生活費を賄うため、借入れを始めました。また、転職先が決まった際、遠方への転居が必要であったことから、転居費用を捻出するため、さらに借入れが増え増した。そして、徐々に返済が困難になりました。