個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case214

事情

C様は、勤務先からの歩合給が安定せず、給与が少なかった際の生活費の補填として借入れを始めました。その後、住宅を購入しましたが、収入が不安定なことに変わりがなく、生活費や返済原資を捻出するために借入れやカード利用を繰り返さざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

千葉県在住case211

事情

Z様は、住宅購入後、子らの教育費を捻出するため、学資保険を利用するほか、複数の債権者から借入れをしました。その後、収入の範囲では返済が困難となり、まずは任意整理での解決を試みましたが、減給され転職することとなったため、任意整理での解決が困難となり、やむなく個人再生に方針を変更しました。

東京都在住case206

事情

U様は、転職をしようと退職しましたが、その後約1年近く転職先が決まらなかったため、その間の生活費を賄うため、借入れを始めました。また、転職先が決まった際、遠方への転居が必要であったことから、転居費用を捻出するため、さらに借入れが増え増した。そして、徐々に返済が困難になりました。

神奈川県在住case204

事情

S様は、数年前に個人自営の仕事を開業しましたが、なかなか利益を上げることができず、収入が全く入ってこない時期の生活費に充てるため、カードローンの利用を開始しました。その後、業務委託の仕事も行うようになり、定期収入を得るようになりましたが、借入れは続き、返済が困難となったため、法律事務所に任意整理を依頼しました。そして、半年以上返済を継続しましたが、収入が上がらない現状で8万円以上の返済を行うことは難しく、改めて当事務所に債務整理のご相談に来られました。

茨城県在住case195

事情

J様は、10年ほど前に、知人と共同で会社を設立しましたが、売り上げが伸びず、生活費をカードローンで補填する生活が続きました。数年後に会社を閉鎖した後は、個人自業を開始し、複数の仕事も掛け持ちして、生活費と返済費を捻出していました。それでも徐々に支払いが追い付かなくなったため、債務整理のご相談に来られました。

千葉県在住case194

事情

I様は、数年ほど前に勤務会社の経営難で退職せざるを得なくなり、その後はアルバイトを転々として収入を得るようになりましたが、生活費が大幅に不足する状況となったため、借入れを増やしていき、返済が困難となったため、ご相談に来られました。

神奈川県在住case188

事情

C様は、自営で食品の店舗販売業を営んでいましたが、競合他店が多数発生する中で、競争が激化し、次第に売上が減少しました。そこで、運転資金を捻出するため、借入れをするようになりましたが、売上回復が追い付かず、返済が困難になりました。

神奈川在住case174

事情

O様は、クレジットカードを利用して頻繁に買い物をすることで、仕事によるストレスを解消する生活を長年続けていました。また、孫の学費の借入れも行い、債務が増大していきました。その後、夫がケガを負い、長期間勤務できない状況となり、返済が滞るようになったため、当事務所にご相談に来られました。

東京都在住case169

事情

J様は、勤務会社の役員に就任していた際の交際費及び接待費を補填するため、複数の銀行のカードローン等を利用するようになりました。そして、役員退任後は収入が減少し、返済が追い付かなくなったため、ご相談に来られました。

東京都在住case167

事情

H様は、結婚後の生活費の増大を賄うために複数の銀行からの借入れを10年前から始めました。そして、半ば自営業のような形態の雇用だったため、自身の売上が収入に直結し、不安定な家計状況でした。そのため、その後も借入れは継続し、FX取引による損失等もあり、自転車操業状態になったため、ご相談に来られました。