個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

千葉県在住case293

事情

B様は、住宅購入後、転職するごとに減収したため、生活費等を捻出するため、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。

埼玉県在住case292

事情

A様は、自宅を二度買い替えた後、現住居を購入しましたが、二度目の住宅売却時に元妻と離婚をし、慰謝料や養育費等の支払いの負担が発生し、借入れやカード利用をするようになりました。その後、再婚しましたが、転職を繰り返し、収入も安定しなかったため、返済が困難になりました。

埼玉県在住case289

事情

X様は、住宅購入後も、競馬に傾倒するほか、家族旅行で散在をし、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。また、返済のために換金行為を繰り返し、家族にも打ち明けられず、どうしようもできなくなり、相談に来られました。

埼玉県在住case285

事情

S様は、住宅購入後、5人の子らの進学等に係る教育費の負担が重くなり、借入れやカード利用を繰り返すようになり、返済が困難となりました。

千葉県在住case280

事情

Q様は、数年前に株式の信用取引を行い多額の損失を出しました。その他にも、複数のクレジットカードを利用して旅行代や物品購入費を借入れ、債務が多くなっていったため、任意整理手続に基づく返済をしていました。しかし、住宅ローンの支払いもあり、家計全体の資金繰りが困難となりました。

千葉県在住case278

事情

O様は、趣味のゴルフや、パチンコ・競馬等のギャンブルのために散財するようになり、借入れやカード利用に依存する生活を送るようになってしまいました。その後、転職のために減収したことから、返済が困難となりました。

神奈川県在住case277

事情

N様は、仕事上、取引先等との接待のために、飲食費や交通費を自己負担するようになり、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。その後、昇格により残業代が支給されなくなり減収するなどしたため、徐々に返済が困難になりました。

埼玉県在住case275

事情

L様は、夫と離婚後、母と子らと居住するため、戸建住宅を購入し、住宅ローンを借り入れました。その後、長男が突然他界し、その精神的ショックから、多大な浪費をするようになり、また、投資にも失敗し、大きな負債を抱えてしまいました。

東京都在住case272

事情

I様は、給与が歩合給で、数年間徐々に歩合給が減少したことにより、生活費等の補填をするため、借入れやカード利用に依存するようになってしまいました。

東京都在住case271

事情

H様は、病気で前勤務先を退職せざるを得ず、その後、再就職先がなかなか見つからず、生活費等を捻出するため、借入れを繰り返しました。ようやく転職をし、地方から単身赴任で上京しましたが、返済が厳しい状況に変わりはなく、地方の住宅を残すため、個人再生をするに至りました。