個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

埼玉県在住case238

事情

A様は、大学卒業後に就職し、安定した収入を得るようになったため、FX取引や先物取引を行うようになりました。当初は自身の貯蓄のみで投資をしていましたが、多額の損失を出してしまい、その穴埋めのため借入金で投資をするようになりました。それでも事態は好転せず、取引の損失と負債額が大きくなり、返済が難しくなったため、当事務所にご相談に来られました。

埼玉県在住case230

事情

S様は、10年ほど前にご家族と一緒に海外へ転勤した後、治安の悪い現地での生活のストレス解消のため、インターネットで物品購入することが多くなり、複数のクレジットカードを頻繁に利用するようになりました。日本に戻った後も、日本での生活になかなか馴染めず、ストレス解消のために買い物をすることが続き、毎月30万円以上の返済を行うようになりました。
そして、S様は、生活費が捻出できない現状を立て直すため、当事務所にご相談に来られました。

茨城県在住case228

事情

Q様は、3年ほど前に自営会社を設立しましたが、事業が軌道に乗るまでの生活費やお子様の学費を補填するため、複数の業者から借入れを始めました。また、住宅ローンの返済も家計を圧迫していたため、当事務所へご相談に来られた時点では自転車操業の状態となっていました。

東京都在住case225

事情

N様は、共働きの奥様が出産・育児を機に会社を退職し、家計全体の収入が減少した後、生活水準を下げることができず、借入れを開始しました。その後、子が私立の小学校に進学して教育費が嵩んだため、借入額が増えていきました。また、S様が体調不良で会社を長期間休職したことも重なり、次第に自転車操業の状態になっていったため、当事務所にご相談に来られました。

神奈川県在住case218

事情

G様は、5年ほど前にご自宅を購入し、住宅ローンの返済を開始しました。新居で新たに揃えた家具等も借入れで準備したため、収入に比して返済が多い状況でした。その後も、収入が上がるにつれて、旅行や競馬等へも支出するようになり、債務は大きくなっていきました。その後は返済と借入れを繰り返す状況になり、返済が困難となったため、当事務所に相談に来られました。

東京都在住case214

事情

C様は、勤務先からの歩合給が安定せず、給与が少なかった際の生活費の補填として借入れを始めました。その後、住宅を購入しましたが、収入が不安定なことに変わりがなく、生活費や返済原資を捻出するために借入れやカード利用を繰り返さざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

東京都在住case209

事情

X様は、ペットを亡くした寂しさを解消するために、買い物、飲食、旅行等に浪費的な支出を継続した結果、返済が困難となりました。

千葉県在住case207

事情

V様は、自身と妻の病気治療のための薬代や治療費等の支出が嵩んだことで生活費が不足するようになり、カードローンで借入れを行うようになりました。そして、病気治療の合間のストレス解消を目的とした物品購入も多くなり、債務が増大し、ご相談に来られました。

東京都在住case203

事情

R様は、5年ほど前から開始した仮想通貨の取引によって300万円以上の損失を出し、その補填のための借入れを繰り返したことで債務が増大していきました。また、勤務先の配置転換や働き方改革による残業規制の影響で収入が減少し、返済が困難となったため、当事務所にご相談に来られました。

千葉県在住case198

事情

N様は、5年ほど前からパチンコ店に通うようになり、当初は自身の小遣いのみを使用していましたが、それだけでは不足したため、カードローンからの借入金も注ぎ込むようになりました。そのような状況が3年ほど続き債務が大きくなったため、換金行為も行って返済費を捻出するようになりました。しかし、毎月50万円以上の返済を続けることはできず、債務整理のご相談に来られました。