個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

神奈川県在住case251

事情

N様は、住宅購入後に転職をし、収入が減少したことから、借入れを始めました。その後、教育費や仕事上の接待交際費の支出の負担が増え、借入れやカード利用が増えました。住宅ローンの返済が困難になったため、リースバック制度により、住宅を売却して、賃借をするようにもなりました。しかし、その他の債務の返済が困難となり、相談に来られました。

茨城県在住case250

事情

M様は、パチンコ等のギャンブルにのめり込み、次第に借入れをするようになりました。また、結婚後、生活費や妻の治療費を捻出するため、さらに借入れが増え、徐々に返済が困難となりました。

神奈川県在住case249

事情

L様は、事情があって、夫と別居し、子とともに生活をしていましたが、子の教育費や二重拠点の生活費を補填するため、継続的に借入れやカード利用を繰り返すようになりました。

東京都在住case248

事情

K様は、趣味の音楽や書籍購入のため、クレジットカードを頻繁に利用するようになり、徐々に返済が困難となりました。

埼玉県在住case247

事情

J様は、勤務先の配置転換で収入が減少したこと、競馬等のギャンブルに相当程度の支出を継続したことなどから、借入れやカード利用が増加し、次第にその返済が困難となりました。

埼玉県在住case246

事情

I様は、勤務先の同僚や知人等の飲食や遊興をすることが多く、交際費・遊興費のため、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。また、兼業で、知人の会社の名目上の代表に就任し、一定の収入を得ていたものの、支出の減少をさせることはできず、次第に返済が困難な状況となりました。

神奈川県在住case245

事情

H様は,住宅購入後,趣味の自動車部品購入や競馬などに借入れをして多額の投資をしたことから,住宅ローンやその他の返済に困窮するようになりました。

神奈川県在住case244

事情

G様は、5年ほど前から、会社の顧客との交際費や接待費、残業時のタクシー代の補填のため、クレジットカードで決済するようになりました。それらの支出は、会社から一部補填されていましたが、クレジットカードの決済日に間に合わず、カードローンで借入れをして支払うことが多くなりました。その結果、債務額が大きくなり、自転車操業状態となったため、債務整理のご相談に来られました。

東京都在住case243

事情

F様の夫は、数年前に当事務所に個人再手続を依頼し、再生計画案に基づく返済を行っていました。F様自身も、10年以上前から生活費の補填を目的として、複数のカード会社から借入れを繰り返し、債務が大きくなっていきました。そして、夫の返済の目途が立ち、そのご協力も得られる家計状況になったため、ご相談に来られました。

千葉県在住case242

事情

E様は、妻の病気の治療や子が所属していたスポーツクラブの費用等を賄うために、複数の金融機関から借入れを繰り返しました。その結果、負債額が1500万円以上となり、返済が困難となったため、債務整理のご相談に来られました。