個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case265

事情

B様は、クレジットカードの利用を継続することに慣れ、次第に収入の範囲を超えた利用をするようになりました。その後、リボ払いで膨らんだ負債を返済することができなくなりました。

東京都在住case264

事情

A様は、数年前に転職をして収入が減少しましたが、それに合わせて生活水準を下げることができず、不足分の生活費を借入れで賄う状況が長く続きました。その結果、住宅ローンを除いた債務額が1000万円以上となり、返済が困難となりました。

東京都在住case263

事情

Z様は、管理職の立場上、交際接待費の支出が多く発生したこと、FX投資にのめり込んでしまったことなどから、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。その後、勤務先の配置転換により減収となり、返済が困難になりました。

千葉県在住case262

事情

Y様は、前勤務先の常連客から、実際の利用や返済はその常連客が行うものの、自身の名義でクレジットカードを作成してほしいと懇願されました。不審に思いながらも断り切れず、常連客の依頼のままカードを作成し、実際に常連客に利用をさせました。しばらくの間、常連客による返済が滞ることはありませんでしたが、ある時点から常連客による返済が滞納し、Y様自身に督促が来るようなりました。

福島県在住case261

事情

X様は、夫がFX取引の多額の損失を出し、債務の返済に追われて生活費を入れられなくなったため、7年程前から複数の銀行や信販会社から生活費の借入れを行うようになりました。その後、夫は当事務所で個人再生手続を行い、経済的再生を図ることができましたが、今度はX様自身の返済が厳しくなり、生活が回らなくなったため、当事務所にご相談に来られました。

東京都在住case260

事情

W様は、数年前から、退職後の生活費の不足分をクレジットカードで補うようになりました。そして、各金融機関の利用額が限度額に達すると別の金融機関からも借り入れて債務が増大していきました。その後、年金の受給が開始し、アルバイトの仕事も始めて返済を行ってきましたが、返済が困難となったため、債務整理のご相談に来られました。

東京都在住case259

事情

V様は、趣味の時計やアクセサリーを購入するためカード利用を繰り返し、返済が困難な状況となりました。

茨城県在住case258

事情

T様は、知人から紹介され、競馬関連の投資システムを購入するため、借入れをしました。しかし、結局、当該投資で利益を得られることはなく、返済の負担だけが残り、次第に返済が困難になってしまいました。

神奈川県在住case257

事情

U様は、公務員を退職後、転職を繰り返す中で収入が減少し、借入れを始めました。また、妻が病気を患い、その治療費を捻出するため、さらに借入れやカード利用が増えていきました。

神奈川県在住case256

事情

S様は、親族の葬儀に対応するため借入れを始めました。その後、住宅を購入した後で収入が減少したことから、次第に返済が難しくなりました。