個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

鹿児島県在住case291

事情

Z様は、夫に秘密でオンラインカジノにのめり込んでしまい、この資金を捻出するため、借入れやクレジットカード利用を繰り返してしまいました。

東京都在住case290

事情

X様は、親族間トラブルのストレスを発散するため、ほぼ毎日飲食行為を繰り返し、クレジットカードの利用を繰り返すようになりました。長期間このような生活が続き、カード返済のため、さらに借入れやカード利用を繰り返すという悪循環に陥ってしまいました。

埼玉県在住case289

事情

X様は、住宅購入後も、競馬に傾倒するほか、家族旅行で散在をし、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。また、返済のために換金行為を繰り返し、家族にも打ち明けられず、どうしようもできなくなり、相談に来られました。

茨城県在住case288

事情

W様は、携帯電話のゲームアプリに課金をするようになり、クレジットカードを頻繁に利用するようになりました。その他にも、知人との飲食費や遊興費を借入れで賄うことが多くあり、途中からリボ払いに変更し、債務が大きくなっていきました。その後は、自転車操業状態となり、自力での経済的再生が困難となったため、当事務所にご相談に来られました。

千葉県在住case287

事情

V様は、住宅購入や子らの教育費のため苦しい家計が続き、借入れやカード利用を繰り返していていました。その後、長く勤務していた大手会社を早期退職し、個人事業主として独立しました。しかし、開業のために2年程度の研修を要し、退職金を使い果たし、開業後もコロナ禍等の影響で予想通りに売上が上がらず、結果、返済が困難となりました。受任前に住宅は売却していました。

神奈川県在住case286

事情

U様は、パチンコ等のギャンブルや自動車購入のため、借入れやカード利用を繰り返しました。U様の父母も当所で個人再生手続をした経緯がありました。

埼玉県在住case285

事情

S様は、住宅購入後、5人の子らの進学等に係る教育費の負担が重くなり、借入れやカード利用を繰り返すようになり、返済が困難となりました。

東京都在住case284

事情

T様は、アレルギー症状がひどく、寝具や衣類等を定期的に買い替える必要があり、クレジットカードの利用が増えました。また、自営業の夫の収入が安定しなかったこと、母の介護費用を捻出したこと等から、家計の収支が悪化し、次第に返済が困難となりました。

千葉県在住case283

事情

U様は、長く個人自営業をしていましたが、夫が他界後、自身の報酬だけでは生活が困難となり、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。その後、一度、弁護士に債務整理を依頼したものの、方針が明確に定まらないまま辞任され、数年間途方に暮れていました。

神奈川県在住case282

事情

S様は、競馬やスロットのギャンブルに月10万円以上も投資するようになり、その原資を捻出するため、借入れやカード利用を継続し、次第に返済が困難となりました。