個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case271

事情

H様は、病気で前勤務先を退職せざるを得ず、その後、再就職先がなかなか見つからず、生活費等を捻出するため、借入れを繰り返しました。ようやく転職をし、地方から単身赴任で上京しましたが、返済が厳しい状況に変わりはなく、地方の住宅を残すため、個人再生をするに至りました。

東京都在住case269

事情

F様は、営業職という仕事柄、接待交際費が多く発生し、会社の経費扱いにならなかったことから、自腹でのクレジットカードの利用が増えてしましました。また、就労不能となった親族の援助をするため、さらに借入れが増えました。

東京都在住case264

事情

A様は、数年前に転職をして収入が減少しましたが、それに合わせて生活水準を下げることができず、不足分の生活費を借入れで賄う状況が長く続きました。その結果、住宅ローンを除いた債務額が1000万円以上となり、返済が困難となりました。

東京都在住case263

事情

Z様は、管理職の立場上、交際接待費の支出が多く発生したこと、FX投資にのめり込んでしまったことなどから、借入れやカード利用を繰り返すようになりました。その後、勤務先の配置転換により減収となり、返済が困難になりました。

神奈川県在住case257

事情

U様は、公務員を退職後、転職を繰り返す中で収入が減少し、借入れを始めました。また、妻が病気を患い、その治療費を捻出するため、さらに借入れやカード利用が増えていきました。

神奈川県在住case256

事情

S様は、親族の葬儀に対応するため借入れを始めました。その後、住宅を購入した後で収入が減少したことから、次第に返済が難しくなりました。

東京都在住case252

事情

O様は、宝くじ等への投資、仕事上の接待交際費に支出をするため、借入れやクレジットカード利用を繰り返すようになりました。また、夫の法人設立に伴い、多額の貸付けを要求され、その原資を借入れで賄いました。その後、夫の事業が頓挫し、貸付金の回収もできなくなったことから、返済が困難な状況となりました。

神奈川県在住case251

事情

N様は、住宅購入後に転職をし、収入が減少したことから、借入れを始めました。その後、教育費や仕事上の接待交際費の支出の負担が増え、借入れやカード利用が増えました。住宅ローンの返済が困難になったため、リースバック制度により、住宅を売却して、賃借をするようにもなりました。しかし、その他の債務の返済が困難となり、相談に来られました。

埼玉県在住case247

事情

J様は、勤務先の配置転換で収入が減少したこと、競馬等のギャンブルに相当程度の支出を継続したことなどから、借入れやカード利用が増加し、次第にその返済が困難となりました。

埼玉県在住case238

事情

A様は、大学卒業後に就職し、安定した収入を得るようになったため、FX取引や先物取引を行うようになりました。当初は自身の貯蓄のみで投資をしていましたが、多額の損失を出してしまい、その穴埋めのため借入金で投資をするようになりました。それでも事態は好転せず、取引の損失と負債額が大きくなり、返済が難しくなったため、当事務所にご相談に来られました。