個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

神奈川在住case305

事情

N様は、自身の名義で父が借入れやクレジットカード利用をすることを許諾していました。父からは返済は父が行うと約束されていたため、返済をする必要がないものと安心していましたが、その後、父から返済ができなくなったと打ち明けられました。しかし、負債は600万円以上にも及んでおり、自身も返済が困難となりました。

東京都在住case304

事情

M様は、友人と一緒に競馬に傾倒するようになり、その資金を借入れやカード利用で賄うようになり、その返済が困難となりました。

東京都在住case303

事情

L様は、プライベートの遊興費のほか、仕事上の出張費用の経費等を捻出するため、クレジットカードの利用を繰り返すようになりました。その後、離婚を機に、浪費を繰り返してしまい、次第に返済が困難となりました。

埼玉県在住case302

事情

K様は、自動車購入費用、結婚費用等を捻出するため、借入れやカード利用をしました。その後、妻が体調を崩し、世帯収入が減少したことから、次第に返済が困難となりました。

神奈川県在住case300

事情

I様は、競馬やカジノ等のギャンブルに遊興したほか、知人から勧誘されたネットワークビジネスの一環で複数の投資をしました。これらの資金を捻出するため、多額の借入れをしましたが、投資に失敗し、返済が困難となりました。

東京都在住case299

事情

H様は、夫と共同で住宅を購入し、ペアローンで住宅ローンを組みました。その後、自身が病気を患い、入通院が必要となったことから、収入が減少しました。他方、子らの教育費の負担が発生し、夫婦とも借入れやカード利用に依存せざるを得ず、住宅は売却することにしました。しかし、負債は残り、その返済が困難となってしまいました。

東京都在住case298

事情

G様は、妻と共同で住宅を購入し、ペアローンで住宅ローンを組みました。その後、妻が病気を患い、入通院が必要となったことから、妻の収入が減少しました。他方、子らの教育費の負担が発生し、夫婦とも借入れやカード利用に依存せざるを得ず、住宅は売却することにしました。しかし、負債は残り、その返済が困難となってしまいました。

千葉県在住case297

事情

F様は、病気の親に対して金銭援助をするため、借入れをするようになりました。また、転職をするなどして収入が減少したことから、次第に返済が困難となりました。

千葉県在住case296

事情

E様は、長期間にわたってFX投資を繰り返し、その原資を捻出するため借入れをしました。しかし、投資は失敗し、返済が困難となりました。

岡山県在住case295

事情

D様は、離婚後、養育費の負担が発生したことから、借入れを始めました。その後、職を転々として収入が安定しなかったことから、FX等の投資をして一攫千金を試みましたが、失敗してしまいました。