個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case209

事情

X様は、ペットを亡くした寂しさを解消するために、買い物、飲食、旅行等に浪費的な支出を継続した結果、返済が困難となりました。

東京都在住case206

事情

U様は、転職をしようと退職しましたが、その後約1年近く転職先が決まらなかったため、その間の生活費を賄うため、借入れを始めました。また、転職先が決まった際、遠方への転居が必要であったことから、転居費用を捻出するため、さらに借入れが増え増した。そして、徐々に返済が困難になりました。

東京都在住case205

事情

T様は、営業職という仕事上、接待交際費を多く支出し、会社の経費扱いとならなかったため、自分のカードを利用するようになりました。また、趣味の費用にも支出を継続し、さらにカード利用を増やすようになりました。こうして、債務が増大し、徐々に返済が困難になりました。

神奈川県在住case204

事情

S様は、数年前に個人自営の仕事を開業しましたが、なかなか利益を上げることができず、収入が全く入ってこない時期の生活費に充てるため、カードローンの利用を開始しました。その後、業務委託の仕事も行うようになり、定期収入を得るようになりましたが、借入れは続き、返済が困難となったため、法律事務所に任意整理を依頼しました。そして、半年以上返済を継続しましたが、収入が上がらない現状で8万円以上の返済を行うことは難しく、改めて当事務所に債務整理のご相談に来られました。

東京都在住case203

事情

R様は、5年ほど前から開始した仮想通貨の取引によって300万円以上の損失を出し、その補填のための借入れを繰り返したことで債務が増大していきました。また、勤務先の配置転換や働き方改革による残業規制の影響で収入が減少し、返済が困難となったため、当事務所にご相談に来られました。

埼玉県在住case201

事情

P様は、5年ほど前から生活費の不足分をクレジットカードのリボ払いで補う生活を続けていました。枠がいっぱいになると別のカードを作成し、収入の多くを返済に充てる状況が続いたため、ご相談に来られました。

神奈川県在住case200

事情

O様は、10年以上前から服や化粧品等の購入費及び外食費の支払いをクレジットカードで行っていました。そして、収入が上がっていくにつれてカードの利用額も増えていき、徐々に支払いが追い付かないようになったため、リボ払いへの変更や返済費の借り入れを行うようになりました。その結果、自転車操業状態となりました。

群馬県在住case199

事情

M様は、クレジットカードのリボ払いを利用して生活費や物品購入費の不足分を補う生活を数年間続けていました。そして、リボ払いのため元金がなかなか減らず、支払いが困難となり、司法書士事務所に任意整理を依頼し、1年以上支払いを継続しましたが、収入に比して多額の支払いを今後も続けていくことは困難であると考え、改めて当事務所に債務整理のご依頼をされました。

東京都在住case197

事情

L様は、7年ほど前から複数のカードローンを利用して交際費やキャバクラ等の遊興費に充てることが多くなっていきました。そのような生活を長年続けていたため、次第に返済が難しくなり、ご相談に来られました。

長野県在住case192

事情

G様は、転職により減収したことから借入れを始めました。FXや仮想通貨の投資に多額の支出をするため借入れをしましたが、半ば詐欺に遭ったような形で投資は失敗し、返済が困難になりました。なお、母名義の住宅ローンの連帯保証もしていました。