個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

神奈川県在住case245

事情

H様は,住宅購入後,趣味の自動車部品購入や競馬などに借入れをして多額の投資をしたことから,住宅ローンやその他の返済に困窮するようになりました。

東京都在住case241

事情

D様は、10年以上前から株の取引を行っていて、一時は投資のための借入金を全て完済するまでの利益を上げたこともありました。しかし、少しの中断期間を経た後、再び借入れを開始したところ、損失が膨れ上がり、返済が困難となったため当事務所にご相談に来られました。

埼玉県在住case238

事情

A様は、大学卒業後に就職し、安定した収入を得るようになったため、FX取引や先物取引を行うようになりました。当初は自身の貯蓄のみで投資をしていましたが、多額の損失を出してしまい、その穴埋めのため借入金で投資をするようになりました。それでも事態は好転せず、取引の損失と負債額が大きくなり、返済が難しくなったため、当事務所にご相談に来られました。

東京都在住case237

事情

Z様は、趣味の競馬にのめり込むようになり、インターネットを通じて頻繁に馬券を購入するようになりました。競馬資金に多い月で20万円以上支出するようになり、次第に借入れに依存するようになってしまいました。

東京都在住case234

事情

W様は、飲食、買い物、旅行等、趣味のために支出にクレジットカードの利用を繰り返してしまい、次第に、その返済のために借入れやカード利用を継続せざるを得なくなりました。そして、徐々に返済が困難となりました。

東京都在住case233

事情

V様は、職場でストレスを抱えるようになり、その発散のため、オンラインゲームにのめり込むようになり、借入れやカード利用を始めました。また、父が新居を建築する際、住宅ローンの連帯債務者となり、その負担も生じました。

千葉県在住case231

事情

T様は、5年程前からパチンコや競艇などのギャンブルに支出するようになり、複数の業者から借入れを開始しました。その後、住宅ローンを組んで戸建住宅を購入し、ギャンブルに支出する小遣いが不足したため、借入れが多くなっていきました。そして、共働きだった奥様が産休期間に入り、家計全体の収入が減少して、家計が回らなくなってしまったため、ご相談に来られました。

埼玉県在住case230

事情

S様は、10年ほど前にご家族と一緒に海外へ転勤した後、治安の悪い現地での生活のストレス解消のため、インターネットで物品購入することが多くなり、複数のクレジットカードを頻繁に利用するようになりました。日本に戻った後も、日本での生活になかなか馴染めず、ストレス解消のために買い物をすることが続き、毎月30万円以上の返済を行うようになりました。
そして、S様は、生活費が捻出できない現状を立て直すため、当事務所にご相談に来られました。

東京在住case227

事情

P様は、5年ほど前から、生活費をクレジットカードで決済することが増えていきました。また、FX取引やゲームへの課金も行うようになり、返済をしては借り入れを繰り返すことが続いたため、債務整理のご相談に来られました。

神奈川県在住case224

事情

M様は、6年ほど前からバイナリーオプション取引を始めました。当初は自己の給与の範囲内での投資でしたが、損失を取り戻すために借入れをするようになりました。途中からはFX取引も行うようになり、自身の時計や携帯電話を売却して投資と返済を続けていました。しかし、これ以上の借入れと返済は困難となり、当事務所へご相談に来られました。