個人再生の
解決事例

神奈川県在住case245

ご依頼者様の基本情報

H様/50代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

H様は,住宅購入後,趣味の自動車部品購入や競馬などに借入れをして多額の投資をしたことから,住宅ローンやその他の返済に困窮するようになりました。

収入・資産の状況

収入:月収25万円(ほか賞与年額120万円)
資産:現金20万円 預貯金20万円 積立金40万円 退職金見込額230万円 保険解約返戻金40万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 310,000円 23,000円
Bカード 620,000円 21,000円
C社 870,000円 31,000円
D社 180,000円 6,500円
E社 2,090,000円 44,000円
Fカード 1,540,000円 43,000円
G社 300,000円 5,000円
H社 1,020,000円 15,000円
I社 1,340,000円 35,000円
合計 8,270,000円 223,500円
J銀行(住宅ローン) 15,190,000円 77,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 80,000円 5,000円
Bカード 160,000円 10,000円
C社 250,000円 16,000円
D社 50,000円 初回一括
E社 590,000円 37,000円
Fカード 430,000円 27,000円
G社 80,000円 5,000円
H社 290,000円 18,000円
I社 360,000円 22,000円
合計 2,290,000円 140,000円
J銀行(住宅ローン) 15,190,000円 77,000円

コメント

住宅を所有していたことから,小規模個人再生の方針としました。
勤務先の退職金制度が複雑でしたが,調査し得る範囲で客観的な資料を集積して,詳細に算定することに努めました。
申立後は特段問題となる点はなく,債権者からの反対もなかったため,無事再生計画は認可されました。

依頼者の声